2007年11月28日

いたしかたなし


20071128.gif


北国にあるわが家には暖房が備え付けてあるのに
オイルヒーターを購入しました。

翌月の請求額におびえながら灯油を燃やすより
安定供給の電気式暖房をのびのび使おうという算段。

暖房 in front of 暖房

というおかしな配置にこの冬は耐えます。




わが家の暖房は
灯油式セントラルヒーティングというタイプでして、
各部屋に設置されているパネル内の水(たぶん)を
灯油で温めて循環させるというものです。

各部屋のパネルにはツマミが付いていて
強弱や入切の調整はできるのですが
切っている状態でもパネルの直前までお湯は来ているわけで
居間しか暖めていなくても
余計なところにまでお湯はまわってしまうわけです。

すると全然使ってないのに灯油代が高いという
やるせない矛盾におそわれるため、
主に一部屋(寝室だけ、居間だけなど)しか
使わないならばと
思い切ってオイルヒーターの購入に踏み切りました。

ちなみに購入したのはこれ


(同じ店のはすでに売り切れていたので違う店のものですが価格は同じ)

先日またまた灯油の値上げが発表されてから
飛ぶように売れている様子。

本当はデロンギが欲しかったけれど
2万円以上も出してしまうと
減価償却するまでにどれくらいかかるんだろうと
途方に暮れるのも嫌だったので
安めの国内メーカーのものにしました。

わが家のように暖房は持っているけれど
一部屋をちょいちょい暖めたいというだけならば
1万円未満のもので充分かと。

ちなみにこれは8畳用でわが家の居間は12畳なのですが、
これでは小さいかと思いきや鉄筋造りのためか熱も逃げず
かなりぽかぽかになりますです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。