2006年11月30日

第三回画伯祭

サラサラ絵日記さんと共に企画を始めて早三回目。
今回はロボです。ロボ。でも古いロボ。
もえあがーれー もえあがーれー

title3.jpg


■第三回テーマ:ガンダム

相方画伯(所属:サラサラ絵日記)による作品
20061130aikatagundam.jpg
●ペコタの評価
 ががーん。鈍器で頭を殴られたような衝撃。
 主に六角形と三角形でできているガンダム。ガンダム?
 私自身はガンダムについて全然詳しくないのですが、
 少なくともそっくりではない、しかし唐突で面白いといった具合に
 本能で笑わせていただきました。
 でもガンダムというよりはミラクルエース(ごっつのやつ)な感じ。
 そして第一回に続いてまたもや飛び出す餅が良い。 
 来年の縁日でぜひこの面をつけたいものです。
 ヘキサゴン度★★★★☆ 中身が人間度★★★★★


オット画伯(所属:ペノチネ)による作品
20061130gundam.jpg

●ペコタの評価
 えーと、まず、今回のテーマはガンダムだというのに
 「ガンダムとその仲間たち」を描いてしまったオット画伯。反則です。
 そのほかに余分なポイントとして微妙な力加減のロゴ。
 全体的な雰囲気を醸し出してみることでそれっぽくみせようという
 昨今の政治家的な発想が垣間見られます。
 ガンダム自体はたしかにロポっぽいのだけれども、
 やはり顔の造形に集中しすぎて体がジャイアント馬場。
 しかしキックは弱そうです。
 馬場度★★★★★


■第三回の総評
オット画伯については結婚前にちまちまとプラモデルを作っていた
実績が活かされたのか、わりとガンダム風に仕上がってしまったのが
祭としては残念です。
それに比べて相方画伯の期待を裏切らないことといったら
まったくこちらは歯が立ちません。
祭自体は勝負の場ではありませんが今回は完敗です。ズビー。


第三回おまけ
オット画伯が色指定までしてきたので色をつけたら
「ガソダム」になりました。
20061124gundamcolor.jpg


第一回画伯祭 ★第二回画伯祭
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。