2006年12月28日

2006年12月25日

シーザーサラダ、ブルスケッタ、ローストビーフ、ティラミス

今年のクリスマスは初めて作る物が二品(肉とデザート)。
どちらもどんなに調べてもレシピがばらばらで参考にならず、
分量と材料はほぼ独断で決定するという強硬手段をとったら
意外においしくできてしまったので浮かれております。やほーい。
品数はやや少なめだけども、ひとりではこれが限界です。ふう。


200612251.jpg

材料(シーザーサラダ)
リーフレタス、温泉たまご、パルメザンチーズ、クルトン


200612252.jpg

材料(ブルスケッタ)
バケット、トマト、オリーブオイル、にんにく、塩、
ブラックペッパー、レモン汁、バジル


200612253.jpg

材料(ローストビーフ)
肉:牛ロースかたまり、塩、こしょう、にんにく、たまねぎ
ソース:赤ワイン、たまねぎ、塩、こしょう、しょうゆ、ウスターソース


200612254.jpg

材料(ティラミス)
クリーム:マスカルポーネチーズ、たまご、生クリーム、砂糖
フィンガービスケット:薄力粉、コーンスターチ、たまご、砂糖、コーヒー
その他:ココア


メモ
牛ロースはがんばって(財布的に)塊を買うこと。写真は620g。
200度で40分焼いたらちょうど良かった。
ティラミスはチーズ250g、たまご3個で作ると多すぎる。
| 料理

2006年12月21日

第五回画伯祭(とりあえず最終回)

サラサラ絵日記さんと共同でおこなってきたこの企画も
今回で一旦お休みとなります。
が、画伯の勢いはお休み予定などとは関係なしに止まりません。

今回の絵は、両方とも個人的に一番衝撃を受けた問題作です。

200612gahaku5.jpg


■第五回テーマ:ムーミン

相方画伯(所属:サラサラ絵日記)による作品
20061221aikatamoomin.jpg

●ペコタの評価
 これはもう藤子・F・不二雄です。
 オリジナルであるのにF作品に見えてしまうのは
 すでに神の領域に一歩踏み込んだといえるのではないでしょうか。
 ただ、こいつがムーミン谷にいたならば、
 パパに買ってもらったプラモデル(水陸両用)を自慢したり
 外国の珍しいおもちゃを自慢したりなどして
 ややひんしゅくを買いそうな予感がします。
 ママには「ムーちゃま」と呼ばれます。
 タカアンドトシの右側の人にも似ています。
 欧米度★☆☆☆☆


オット画伯(所属:ペノチネ)による作品
20061221moomin.jpg

●ペコタの評価
 見た瞬間に口中の唾液が噴出しました。
 笑いすぎて腹筋も鍛えられました。
 血走った目、たるんだ腹、そしてトランクス。
 おそらく自宅では尻を掻きながら万年床でごろ寝が趣味と
 いったところでしょう。
 これについては多くを語るより、
 ただじっと鑑賞していただきたい。
 妖精度☆☆☆☆☆(失格)


■第五回の総評とごあいさつ
祭をしめくくるのには最高の二作品でございました。
よく知っているはずのものがここまでの変貌を遂げるとは。
これにて一旦休止するのは非常に惜しいのですが
両画伯のモチベーションを保つためにも
しばらくの休養が必要かと判断いたしました。
また、両画伯は互いに個人的な連絡手段を
一切持っていないにもかかわらず互いをライバル視している
様子が窺えたのも愉快でございました。

いつかまた祭の続きをやりたいと思っております。
その時をお楽しみに。アデュー☆


第五回おまけ

20061221moomincolor.jpg







2006年12月20日

2006年12月14日

第四回画伯祭

恒例の画伯祭も回を重ねて第四回。
今回もサラサラ絵日記の相方画伯とペノチネのオット画伯、
両画伯が自信の作品を出展です。

200612gahaku4.jpg


■第四回テーマ:ピングー

相方画伯(所属:サラサラ絵日記)による作品
20061214aikata1.jpg

●ペコタの評価
 !!!!なんと!……これは……。
 えっと、テーマはなんだっけ、と思わず見返してしまう強烈さ。
 かろうじてくちばしの面影があるあたりは第二回のドナルドで
 見たことがあるような…。デジャ・ヴか…。
 申し訳ないのですが今回ばかりは
 メールで画像を送っていただいた際に何なのかさっぱりでした…。
 「…」を多様しているあたり、私もかなり動揺しております。
 また、私にはこれはピングーというよりも
 あたしンちのお母さんかと思いましたです。

 20061214aikata2.jpg
 やや画像の修正あり
 母度★★★★★




オット画伯(所属:ペノチネ)による作品
20061214pingu1.jpg

●ペコタの評価
 おそらく真ん中が主人公。足がなぜかインコっぽい。
 そしてよせばいいのにまた仲間まで一緒に描いたオット画伯。
 左はオットセイのロビであろうことは想像がつくものの、
 オットセイにはこんなデンジャラスな牙はないのです。
 右についてもピングーの友達(確かに帽子かぶったのがいるはず)
 かと思いきや画伯曰く「妹」。
 ピンガはそんなんじゃない!ちっちゃくて灰色なんだ!と
 ピングーファンの私は暑苦しく語ったのでした。
 それにしてもなぜ全員左向きか。
 トド度★★★★★


■第四回の総評
相方画伯の、本物からはほど遠いというのに
あの自信に満ちあふれたダイナミックな線は
どのようにして生まれるのでしょうか。
もう言い切ったもん勝ちという弱肉強食的な。
オット画伯については似せようと努力するが故に
細かい線が連なるものの、線の行き場を見失うという
意図しないはちゃめちゃさが炸裂なので
足して二で割るのが良い。
こうなったら二人で協力して何か作品を描いたら良い。
スペインあたりで壁画でも描いたら良い。



第四回おまけ

20061214pingucl.jpg


2006年12月13日

空腹の鬼

仕事が休みなので健康診断へ行ってきた。

直前にものを食べないようにとのことだったので
朝食抜きでいったところ、
終了したとき(am10:00)には空腹でフラフラ。

せっかく街まで来たのだからうまいランチでも
食べて帰るぞ!と気合いを入れるも
狙っていた定食屋の開店は11時。

仕方なく近くのブックオフで立ち読みしたり
ドラッグストアで化粧品を見るなどして
開店まで時間をつぶした。

そうして開店と同時に店に入るやいなや注文し、
念願のおろしロースカツ定食をもりもりと食べ、
ご飯もまさかのおかわりを。ギャル曽根ならぬ主婦ペコ。
たくさん食べてひもじさ解消だ。

満腹になったところでふと気がついたのだけども、
空腹ならばさっさと帰れば良かった。
| 日記

2006年12月11日

失態失態。

会社のトイレでサプライズ。

20061211a.gif


おそらく朝ぼんやりと寝ぼけて着替えたせいだ。

そのままトイレで全部脱いで着直すのも面倒だったので
一日中そのまま仕事をしたのはよいけれど

20061211b.gif


何をしていても気になって仕方がなかった。


ちなみに今現在も、だ。

2006年12月09日

やつれたとの噂

連日のゲームにて目がショボンヌでございます。
本来白いはずの部分に糸ミミズが這っています。

kao.GIF
使い慣れないパソコンにて使い慣れないペイントソフトで描いたらこんなことに。

2006年12月06日

アチョー

極寒の中、オットが決死の思いで手に入れたWiiで
暇さえあればワリオやらゼルダやらをやっているのだけど
ゼルダではコントローラを振って攻撃といった場面になると
ヤーヤーとやたらめったらに振り回して
なんとなくその場を切り抜けるという
「運の悪い奴が死ぬ作戦」をとっている。

たまにチワワにもぶつかりそうになるので
その「運の悪い奴」に含まれないように気をつけたい。
| 日記

2006年12月01日

オットの情熱


20061201.gif


明日発売のWiiをヨドバシカメラ(予約販売無し)にて
並んで購入すべく、準備万端調えております(オットが)。

午前3時に家を出たいのだそうで。

私は運転手なのだそうで。


オットは秋葉原へは行ったことがないけれど
アキバ系の称号を与えられる条件は十分に揃っているように思う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。