2006年11月30日

第三回画伯祭

サラサラ絵日記さんと共に企画を始めて早三回目。
今回はロボです。ロボ。でも古いロボ。
もえあがーれー もえあがーれー

title3.jpg


■第三回テーマ:ガンダム

相方画伯(所属:サラサラ絵日記)による作品
20061130aikatagundam.jpg
●ペコタの評価
 ががーん。鈍器で頭を殴られたような衝撃。
 主に六角形と三角形でできているガンダム。ガンダム?
 私自身はガンダムについて全然詳しくないのですが、
 少なくともそっくりではない、しかし唐突で面白いといった具合に
 本能で笑わせていただきました。
 でもガンダムというよりはミラクルエース(ごっつのやつ)な感じ。
 そして第一回に続いてまたもや飛び出す餅が良い。 
 来年の縁日でぜひこの面をつけたいものです。
 ヘキサゴン度★★★★☆ 中身が人間度★★★★★


オット画伯(所属:ペノチネ)による作品
20061130gundam.jpg

●ペコタの評価
 えーと、まず、今回のテーマはガンダムだというのに
 「ガンダムとその仲間たち」を描いてしまったオット画伯。反則です。
 そのほかに余分なポイントとして微妙な力加減のロゴ。
 全体的な雰囲気を醸し出してみることでそれっぽくみせようという
 昨今の政治家的な発想が垣間見られます。
 ガンダム自体はたしかにロポっぽいのだけれども、
 やはり顔の造形に集中しすぎて体がジャイアント馬場。
 しかしキックは弱そうです。
 馬場度★★★★★


■第三回の総評
オット画伯については結婚前にちまちまとプラモデルを作っていた
実績が活かされたのか、わりとガンダム風に仕上がってしまったのが
祭としては残念です。
それに比べて相方画伯の期待を裏切らないことといったら
まったくこちらは歯が立ちません。
祭自体は勝負の場ではありませんが今回は完敗です。ズビー。


第三回おまけ
オット画伯が色指定までしてきたので色をつけたら
「ガソダム」になりました。
20061124gundamcolor.jpg


第一回画伯祭 ★第二回画伯祭

2006年11月27日

時間を忘れて


20061127.gif
右手は胸をもんでいるのではないですよ


鼻をかむたびになにやら痛いと思ったら犯人は内部に潜んでいた。
場所をきっちり突き止めるまでやめられないとまらない。

そして人には見せられない。

2006年11月26日

ばばばばば


20061126.gif


友人に馬肉をいただいたのだけれども、
お馬さんの肉は初めてなので近づくことができないでおります。

普段豚や鶏をざしざしと切ることに何の違和感も無かったのだけど
それが今夜は馬…。馬…。馬。

羊は平気で食べるのに馬だと躊躇するのは道産子だからなのか
大好きだった風のシルフィードを思い出すからか。


---
食べた感想

多少の臭みは覚悟していたのに全然臭みがなかった。
私の住む北国にはあまり馬刺を食べる習慣はないのだけども
ときどき居酒屋で見かけると決まって誰かが
「馬刺は臭いから生姜をつけないとだめなのだ」と言うのだけれど
それは嘘だと分かったひとときでした。
おいしいとこのはおいしいのだ。ギャフン!

2006年11月24日

第二回画伯祭

サラサラ絵日記さんちの画伯との共同企画第二回の開催です。
もういいよ!とか言わずにまあ見てってくださいまし。

title2.jpg


■第二回テーマ:ドナルドダック

相方画伯(所属:サラサラ絵日記)による作品
20061124aikatadonald.jpg

●ペコタの評価
 なんということでしょうー(あのナレーション風に)。
 失礼ながら、元がわかりませんでした。
 え?これってお題なんだっけ?と狼狽いたしました。
 ド、ドナルドさんとこのアヒルさんでしたね。
 くちばしにくっついた目元のあたりはたしかに本家のそれを
 彷彿とさせる似具合ではありますが、いかんせん体型が、カリメロ。
 そして手と足が大胆に省略されているわりに
 頭部のもじゃもじゃにやや感じられる気合い。
 ディズニーというよりは、サウスパークの住人寄りでしょう。
 一筆書き度★★★★☆ ギリギリ度★★★★★


オット画伯(所属:ペノチネ)による作品
20061124donald.jpg

●ペコタの評価
 画伯によると「いつも怒っているイメージ」だそうなのですが、
 脚が細すぎるのです。上から下へかけてのバランスがすごいのです。
 たしかにアヒルは水鳥ですが、これではフラミンゴです。
 水鳥違いも甚だしい。
 そして大きく間違えている点としては服。
 本来の彼は上着のみなのですが、画伯の手によってパンツのみ
 (しかし襟だけある)というなさけない姿になってしまいました。
 また、たらこのようなくちばしと
 マリオのような帽子に“D”と書かれていることにも注目です。
 メタボリック度★★★★☆ 水鳥度★★★★★


■第二回の総評
 またもや両極端な作品が出揃いました。
 これはそれぞれの画伯が生まれ育った環境以前の問題かと思われます。
 画伯たちが懸命に本家を思い出そうと努力したということは
 よくわかるのですが、思い出せた部分がピンポイントすぎて
 しまったのが彼らのすごいところかと。
 これからも目が離せません。


第二回おまけ
20061124donaldcolor.jpg


第一回画伯祭

2006年11月21日

チワワは小粒でもピリリと臭い


20061121.gif


初めて直に嗅いでしまった。

チワワには申し訳ないのだけども、
これまで嗅いできたにおいの中でも一二を争うほどの強烈さ。

うんこのほうが100倍マシかと。

2006年11月20日

めんどいのう

用があってややこしい場所へややこしいことをしに行ってきた。

20061120.gif
灰原風ペコタ


こういう手続きがすこぶる苦手なので予想どおりたっぷり間違える。

2006年11月19日

届かぬ愛

チワワの新しいセーターを編んでいたらば
いつもはべったり寄り添うチワワがあんなところに。

20061119.gif
「オイデ」も効果なし



20061119.jpg
でもまあなんとかできたです。

2006年11月18日

わっしょい


20061118.gif

探せば買い物の理由はいくらでもあるもので。

2006年11月17日

第一回画伯祭

サラサラ絵日記さんちの画伯と
ペノチネさんちの画伯が絵を見せ合うというだけの企画。
問答無用な感じで始めさせていただきたいと思います。

title1.jpg


■第一回テーマ:サザエとカツオ

相方画伯(所属:サラサラ絵日記)による作品
20061117aikata1.jpg

●ペコタの評価
 一見シンプルながら見れば見るほど味わい深く面白味の増す作品です。
 吹き出しの出具合はさながらエクトプラズムか餅。
 餅に対しての文字の小ささも素晴らしいバランスです。
 また、サザエの眉が強さ(家庭での位置を表現している思われる)を
 表しているのに対して輪郭がなぜかやんわりとした菱形であることや、
 カツオの印象がまるでどんぐりに顔を描いたような
 風情であることもたいへん興味深いです。
 自由度★★★★☆ 白目度★★★★★


オット画伯(所属:ペノチネ)による作品
20061115sazae.jpg
20061115katsuo.jpg

●ペコタの評価
 そこはかとなく漂う昭和のかほり。
 サザエの輪郭はかなり忠実に描かれているものの
 髪型の部分で途中から面倒になってきたのだろうと強く感じられます。
 カツオに関しては、なぜ成長させてしまったのか。
 小五とは思えぬ立派な体格の持ち主となってしまいました。
 これはオット画伯のカツオに対する期待が込められているのだと
 受け止めて良いのではないかと思います。
 しかしなんらかの感情が鬱積しているらしいその表情からは
 危険な匂いも感じ取れます。
 昭和度★★★★☆ つぶら度★★★★★


■第一回の総評
見慣れているはずの人気者もこうしてみると
なかなかに個性の広がる可能性を持っているのだと
あらためて痛感させられました。
両画伯の絵を並べると“自由を求める若人 vs 俳句が趣味の老人”
といった具合で極端な感じがなんともすがすがしい。
いずれにしても斬新であることには間違いありません。


第一回おまけ

20061111sazaecl.jpg
20061115katsuocl.jpg

2006年11月16日

しょっぱいバースデイ

たんじょうびの今日、
仕事中にひとりで先日の余韻にひたっていたところ、
お出かけから帰ってきた営業マンが
「これあげる」と何かを私に差し出した。

え?なに?プレゼント?私に恋?
だめよそんな!オットがいるんだから!

って思ったら塩辛。しおから?

老人のお客に頂いたものの、処分に困ったそうで。
貧乏性の私にあげれば喜ぶだろうと思ったそうで。

えっと、うれしいけど、でもね、…まいいか。
| 日記

2006年11月15日

キカク の ヨコク

gahakuyokoku.jpg

ただいませっせと地味な仕事をこなしているところ。

でも横にあるナニワ金融道(借り物)が気になる。

2006年11月14日

東京あそび

数日間東京へ行ってきたのでレポートを兼ねまして日記をば。


■一日目

到着した当日は、2日前には晴れ予報だったのに豪雨。
空港まで迎えにきてくれたミワノちゃんに雨女認定を下された。
しかしミワノちゃんは相変わらずかわゆい。

20061111a.gif
笑いながら強く指摘される


せっかく見えてきたフジテレビもこの有り様。
「こんなに雨降ったのあまり見たことないよ!」はミワノ談。

111101.jpg
ピントがおかしいのはご愛敬


天井がぐわーとすごいことになっている大きな施設に行ったらば
とあるイベントが開催中でとある芸能人を見た。
オットにメールで報告したらば「微妙だね」のつれない返事。んもう。

1111011.jpg
天井ぐわー


ちなみに今回の旅のメインは二日目なんだけども
しのれこ夫妻に会うため前夜祭をもうけることに。

御徒町で待ち合わせをしてぞろぞろと前夜祭組が合流。

アメ横を見たい!という私をみんなでぞろぞろと案内してくれたのに、
人と店の多さに圧倒されてあまり買い物できず。
買ったのはギズモ、チワワの服、棒に刺さったパインのみ。

20061111b.gif
足の指先がつる、名付けて「アメ横パニック」


全員揃ったところでカラオケ屋に移動。案内はしの氏。
東京でカラオケ屋のことならしの氏に聞くと良い。
料理がうまいとの評判の店(だそう)なのでじゃんじゃん注文して
じゃんじゃん歌ってすでに二次会の様相。

111103.jpg
カラオケ屋でぶちまけた北海道からのお土産。これとご当地キユーピーを。


すっかりできあがったところで上野公園へ。
西郷どんを見てあまりのでかさにおののいたりした。

111102.jpg
西郷どんの近くから見下ろす上野。父さん、東京の夜空は明るいです。


その後ミワノ邸に移動して宅飲みに励む。語る。語る。語る。
途中からミワノフさん(ミワノ夫)も参加。さらに語る。語る。
ところでミワノ邸は超素敵でございました。
モリコさんと私が二人そろってお泊まりしたのに
一人一部屋あてがわれるという素敵なおもてなし。
眠る前にはドア越しにモリコさんと初恋とかの話をして
修学旅行っぽく盛り上がってみました。



■二日目

ミワノちゃんとモリコさんと三人で朝食 in カフェ。
食べる前に写真撮ろう撮ろう!と盛り上がるもすっかり忘れ、
仕方なく飲み物(しかもカラ)の写真を撮った。

111201.jpg
何を飲んだかがぎりぎりわかる程度


銀座に移動する途中見かけた、人と自転車を分ける標識がかわいい。
感心して律儀に守って歩いているとミワノちゃんに
「だれも守ってないよ」とバッサリ斬られる。
直後、左側を自転車が素通り。そうなのか…。

111201.jpg
線を引いてあると従ってしまう哀しい習性


この日合流したのは以下の方々。

20061112.gif
豆タロウさんちの赤ちゃんが超かわいい。ていうかみんなかっこ良く、そしてカワイイ。


プランタンでケーキを食べてお茶を飲み、赤ちゃんを順繰り抱っこ。
おとな達の腕から腕へ二周も回ったのに泣かない偉い子だった。


その後ランチを食べに別のお店に移動。
私とミワノちゃんとモリコさんは本日3食目。昼で。
おなかいっぱいで食べられないよーと言いつつも
なんだかんだ大量に胃袋へ。東京マジック。

膨満感の腹を抱えて交通博物館に潜入。
白バイにまたがったりヘリに乗りこんだりしてキャッキャと観光した。
よその子供と混じって白バイにまたがるのは少々恥ずかしく。
でもいいの。旅の恥はなんとやら。

豆タロウ一家とはここでお別れ。また会おう。ぜひ会おう。


夕方、またまた移動。今度は新宿。ああ、東京っぽい。
眠らない街 新宿に私も溶け込むつもりが薄着でやや浮く。


到着したイタリアンレストランにて、
シャンパンの乾杯とともに店内の灯りが消えた。
停電?なにごと?

すると店員さんがケーキを持って現れた。
「ペコタさーんおたんじょうびおめでとうございまーす!」

予想外のサプライズ。すごー。東京すごー。ていうか「ペコタ」て!

そしてみんなでハッピーバースデーの歌を大合唱。
もちろん「♪ハーピバースデーイ ディーア ペーコター」。
この時ほど自分のハンドルネームを恥じたことはなく。
みんなごめん。おかしな名前にしちゃってごめん。
粋なはからいに素直に感動しましたです。心を入れ替えます。

111203.jpg
切り分けたあとにも名前を書いてくれる素敵演出。


酒豪と噂のPOPPOさんは本当に酒豪だった。
飲ませ上手という噂も本当だった。
決して軽くない1.5リットルのワインボトルをひょいと持ち、
どくどくと皆のワイングラスに注ぎつつ、自らもぐびぐびと飲む。さすが。

私はお酒がはいると人をいじくる癖があるようで。
とくに今回いじりすぎてしまったモリコさん、りょうさんごめんくさい。


さらにその後は居酒屋へ移動。
ここでの会話がとてもディープな内容だった。例えるならばぐんじょう色。
kenさんとキッカさんの熱い討論に皆で参加。
りょうさんは地道にたこ焼きを焼く。そして上手。
(一個だけ漬け物入れてやったんだけども誰が食べたのか不明)
テンションが最高潮に達したキッカさんはしょこたん語録を大連発。
ていうかあなたがギザカワユス。

20061112b.gif
店内でも「ペコター!」を連発

この日行った飲食店は計5店。食べ盛りか。もしくは力士か。


■最終日

再びミワノ邸で目を覚ましたらばミワノフさんはすでに仕事でおでかけ。
さよならが言えなかった。ミワノフさんありがとうございました。

お昼前にミワノちゃんとともにれこりんを駅までお迎え。
一緒にお昼を食べるため。憧れのデニーズで。
主婦が三人集まったところで主婦っぽい会話に花が咲く。
おもにそれぞれの夫の話とか夫の話とか夫の話とか。

その後空港まで電車で移動。
お見送りがうれしくもあり寂しくもあり。

で、北海道についたらまた雨。私が旅をするとこんなもんだ。



■おまけ

みんなにもらった物たち。
手作りのものが多くて手作り好きには感動もの。
だけど何よりみんなに愛と素敵な思い出をもらったぜ!

111204.jpg

ワインのラベルの裏にはみんなからのメッセージが。うはー。

111205.jpg


チワワへのお土産はアメ横で買ったフード付きスウェット。

111301.jpg


■おまけのおまけ

ミワノ邸から拝借してきたマンションのチラシを見て
オットがたまげておりました。

111302.jpg
中古でこんなのが存在するなんて…。
マイケルジャクソンみたいなお金持ちになったら買ってみよう。



★今回お会いできた人たち(合流順)
ミワノちゃん(ミワノラボ
しのれこ夫妻(しのれこ
kenさん(冬うまれ
モリコーさん(mrnn
りょうさん(りょうのゆうはん
POPPOさん(ハトとマメデッポー
豆タロウさん(えにっきにっき
キッカさん(nikkaclip

困る土産

061114_0930~0001.jpg

職場の人たちへの土産はアメ横で見つけたギズモ。

もらった人たちの困惑顔を期待していたのに
「これいい!」と意外にも好評でこちらが困惑。


なぜ東京土産にギズモなのかとか
まったく疑問に思わないなんて純粋すぎでは。

2006年11月12日

きょろきょろと

061112_1309~0001.jpg

銀座の街をブーラブラ。

今日は飲食店をはしごする日。
常に満腹。ゲフー

2006年11月11日

観光観光

061111_1734~0001.jpg

おっすオラ西郷どん!

2006年11月10日

芸術爆発中

061110_2040~0001.jpg

オット画伯とお絵描きをする秋の週末。

一緒に絵を描いて欲しいといくつかお願いしただけなのに、
描き足りないのか「もっとお題を!」と私を急かし、
突然の画伯の注文にウンウンとお題を考えているうちに
一人で勝手にお題を決めてさらさらと描き続けてしまう我が画伯。
型にはまらないそのスタイルとバイタリティには驚かされる。
ていうか自由。

あっという間にたくさんの絵を描いた画伯は
気が済んだのかペンを置いてあくびをひとつし
パタリと描くのをやめてしまった。

鎮火(今はポケモンに夢中)。

---
明日からちょっくら旅にでるので(私だけ)
数日間自分の思い出メモ用に写真日記にするつもり。

2006年11月09日

毎日戦隊


20061109.gif


という具合で朝からチワワも呆れるハイテンション夫婦。

2006年11月06日

必殺


20061106.gif


オットは自分に都合の悪いことを突っ込まれると
ハグしてくるので逃げるのです。

2006年11月03日

いいいいいいまなんと?

昨夜は職場の飲み会でございまして、
といっても部署内だけの飲み会なので10人程度。
女性は私ひとり。

そこへ途中から突撃参加してきた会社上層部のとあるお方。

「この部署はあれだなー。じじばばばっかじゃないか。わはは」

と言い放ってものの数分で帰っていった。
| 日記

2006年11月02日

これも愛


20061102.gif


とっさに両手を差し出して受け止めたのだけど
なんだか微妙な心境でございます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。